友達同士で自動車免許 合宿免許

18歳を過ぎるとチラホラ自動車免許を取る人が多くなってきますよね。

自分はどうなんだろう??
どのタイミングでいこうかしら・・・って。

自動車免許の取得ってやっぱり色々大変。

運転のセンスは必要ですが、こればっかりは磨けなさそう。
持っている感覚の問題かもね。

安全運転の心がけでカバーできるかしら??
地道な努力になるでしょうね。

教習所に通おうと思うと免許の取得費用も必要。
そこそこまとまったお金が必要になります。

バイトをして貯める。
親に借りる。
出してもらう。
などの選択肢がありますね。

お金の工面は人それぞれなのに、何ともいえませんが、とりあえず必要金額を揃えないとね。

後は、時間の問題。
教習所の通うなら、時間が必要になります。

学科・実技共々決まった時間があるのでね!

そのタイミングが合って初めて教習所に行けるのかもね!

友達と通う。楽しいかもしれませんね。一人は心細い。
最近では友達同士やカップルに合宿免許が人気らしいですよ。

でも、浮かれてばかりはいられません。真面目にやらないといけないし、
最終的には自分との戦い。

仮免なんかも一緒に受けると、両方受かればいいけれど、片方が落ちてしまうとね。

思いは様々だけれど、そういう面はあるというのは分かっておきましょう。

年金保険の見直し

結婚するまで知らなかったのが、個人年金保険。 旦那さんが入社した時に加入した保険フルコース(保険のおばちゃんにいわれるがままに加入したやつ)の中に入ってたみたい。

実はこれが結構家計を圧迫していて、ちょっと保険を見直そうかな・・・と思って、いろいろ調べてみた。
年金保険とは、簡単に言うと、老後の生活費を今から少しずつ貯めていき、契約満期に至った時に、 月々払い戻しをしてもらうという、国の年金制度の民間版です。

ただ、年金保険とはいっても種類も何種類かあって、払い戻しの期間が終身なのか、一定期間なのかなどいろいろとあるみたいです。

夫婦年金といって、夫婦のどちらかが生存している限りもらえるものも年金保険にはあるみたいですよ。

どの年金保険にも言えるのは、払い戻し期間中に亡くなった場合は、一時金として残り分をきちんと支払ってもらえるらしいです。

まぁ、民間の保険なんで、損はないと思いますが・・・。

そんなこんなで保険見直しを考えたのです。しかし結論は今は辛いけど、国の年金制度に信用性がまったくないので、わが家は今のままに契約し続けようということになりました。

治りにくい病気でも入れる保険

友人夫婦が、治りにくい病気に感染してしまい、その時保険に加入していなくてとても慌てていました。
病気にかかっていても、将来のために保険に入りたいという人が多いと思います。
だけれど、病気にかかってしまうとどうしても入れる保険が少なくなってしまいますよね。
そんな時、どうすれば良いのかをお話していきたいと思います。

まず、治りにくい病気にかかってしまうと保険に入る事がとても難しくなってしまいます。
頭では分かっていても、「何とかなるんじゃないかな・・・」と考えている人も多いようです。
ですが現実はとても厳しくてそうやすやすとは入らせてくれないのが現状ですよね。
そんな時にまず探してほしいのは、告知内容が少ない保険会社です。
そんなところがあるの?という声が聞こえてきそうですが、告知内容が少ないところは意外にあるんです。
中には、告知が全くない保険会社まであるほどです。(全く無いものは少ないですが・・・)

その保険会社によって、告知内容も違うし保険会社を取り扱っている代理店にまずは電話をしてみて下さい。
複数の保険会社を扱っている代理店で探した方が見つかりやすいですよ。
保険相談を検討する