保険の見直し

一昨年の春に定年を迎えた父。
まだまだ仕事は続けていくつもりだけれど、今までのような収入は期待できない。
さて今後の計画をどうしようか、と母と相談していた矢先に保険の更新の話が出てきました。

父の加入していたのは65歳を払い込み満了期とする更新型の終身保険。
今までと同内容の保障をつけていくと、保険料が倍近く値上がりしてしまうことになります。
収入が減る上に保険料が値上がりするのは家計に大きな負担になる、ということで母は仕方なく、保険の保障額を引き下げることにしたのですがなんと見積りをした結果、むしろ保障額の引き下げをした方が良いということに。

父が保険のプランを最後に変更したのは40代。
二人のこどもは高校生と中学生。まだまだこれからお金のかかる時期でした。
しかし今はこどもは二人とも成人、独立しています。
もうこの先、こどもに多額の費用を必要とするライフイベントはありません。

「もっと早く保険を見直せばよかった。保険屋さん、何も言ってくれないんだもの。」と母。
子どもが出来た、マイホームを購入した…など
わかりやすい機会のほかにも、保険を見直す機会はたくさんある。
そのタイミングは、やっぱり自分でしっかり管理しなくてはいけないですね。
生命保険の見直しなら生命保険相談無料サービスというのもありますよ。
また保険相談で商品券が貰えるところもあります。保険相談のついでに商品券がもらえる
みつばち保険ファームは来店型保険相談。お近くの店舗で気軽に保険相談を受けられます。

若いうちに保険に加入

皆さんは、何歳頃に保険に加入しましたか?
ずっと前から、若いうちに加入しておきなさい、なんて言われた人もいるのではないですか?
最近は、若い独身のお兄さんなんかも社会人になったついでのように保険に加入するのを良く見かけます。
若いうちから保険に加入しておく、というのはとても良い心がけだとは思いますが・・・
ある不満の声が後をたたないようなのです。

それは、同じく怪我をしたのに、20代と40代では保険料が違う!ということらしいのです。
では、なぜそうなるのかをここでお話ししたいと思います。

保険と言うのは、保険に加入している人皆の保険料を一つにまとめてそこから保険金をだしています。
そして、若い頃は保険料が少なくてすむ。ということは何か怪我があったり、万が一死亡してしまう事があってもそれ相応の保険料しかもらえません。
また、若くて独身の男性より結婚して養う人がいるところに保険料を多く渡す事はあまりにも当たり前の事ではないでしょうか。

まとめると、若い時は保険料も安いけれど保障してくれる保険金もやすいという事なのです。
保険加入なら保険相談

簡易保険、忘れていた

簡易保険に加入していた親族が亡くなっていたとします。
そして、保険加入しているのを忘れたまま手続きをしないで、何年も経ってしまったらどうなるのでしょうか?
保険金は貰えるのか、亡くなってからも払い続けた保険料は返って来るのでしょうか?

まず、保険金が請求できるのは5年以内ということを覚えておきましょう。
5年を過ぎても請求は出来ますが、その手続きが比べ物にならないくらいにとても面倒くさくなる事を覚悟しましょう。

それは、病院にカルテが残っている期間が5年までしかないし死亡診断書が書いてもらえるかも不明なためです。

また、このケースは、亡くなってからも払い続けたので、5年以内となりますが亡くなってから保険料を払っていなければ保険金を貰う事は難しくなるかもしれません。

簡易保険では5年以内ならば保険料を支払っていれば、解約したり・・・というわけではないので保険金を受け取れるのです。

また、保険証と証券があれば、もっと良いです。
早く手続きも進むし、楽になるのでもって行ったほうが良いと思います。保険相談してみる?

簡易保険、覚えの無い更新・・

簡易保険に入っている人は意外と多いのではないでしょうか?
郵便局が取り扱っている保険で安心できますし、保険料も安いのでオススメな保険ですが
ちょっとしたトラブルもあるようです。

ある女性が簡易保険に加入していました。
10年の契約で本当なら満期の払い戻し金がもらえるハズでしたが何も知らせが無く簡易保険に確認をしました。
すると、保険の加入期間がちょうど10年伸びていて満期日が10年後になっている事に気がつきました。
これは何故だと思いますか?この原因を考えてみましょう。

この場合は、職員が勝手に更新手続きをしたとは考えづらいのです。
(100パーセントとは言えませんが・・・)
なので、どうしてこうなったのかを考える必要がありますね。

・定期保険だと自動更新が当たり前なので定期保険じゃなかったかを確認してみましょう。
(手紙の見忘れなどがけっこうあるようです)

・見直しをしたことはありませんか?
(見直しの時に変えたのを忘れてはいませんか?)

まずは証券を確認する事が大切です。
ここまですれば原因が見つかる事が多いと思います。保険相談 生命保険