保険の引き落とし

保険の存在。 知ってはいるけれど管理は仕切れてなさそう。 あまり無関心??
誰もがあまり関わりたくない存在なのかもしれませんが、 それでも、普通に加入している人は少なくありません。

とりあえず・・・って感じの人もいるでしょう。
やっぱり何か不安。 保険に加入していないとなんか気になってしまう。

世の中何が起こるか分からないし、 誰にも予想はつきません。
何かあってからでは遅い。 でもでも、何も無くて保険の毎月の引き落としには頭を抱え・・・。

これって結構出費になっていますよね。 毎月一定額を引き落とされている訳だし、 生活費のひとつとなっています。
1年にしてみれば結構な金額に。

厳しい・・・。 そんなのは分かてはいるんだけれど、 それでも、最小限の保険は払った方が身のためかも。
いかに上手に保険に加入するかかもしれませんね。

良い内容で低価格。 かなりのわがままなのかもね。
でもでも、ちょっとしたコストダウンは考えようって。 生活も大事だしね!

生命保険加入や生命保険見直しの時は保険相談無料ランキングを利用してみると良いです。

フリーターの保険

自分の保険証。 所持していますか??
会社員なんかのきちんとした仕事をしている人などは、 会社側から保険証が支給されますよね。
また、専業主婦なんかは旦那様の保険に便乗って感じ。

まぁきちんと社会保険に加入しているわけなので、 当たり前といえば当たり前。
そんな保険証。

昔は紙でできたつくりになっていましたが、 今では、カードみたいなつくりの人も。
まぁ、シンプルで持ちやすいのは確か。 そのへんのカードと一緒の感覚になりますよね。
持ってて当たり前? 普通はそうかもしれませんね。

でもでも、フリーターなんかは要注意。 きちんとした保障を伴わない環境。
社会保険も加入している人はそうそういてないかと思います。 なので、保険証の存在がないのです。

なので、病院とかに行くと10割負担になるのは間違いありません。 10割って事は全額になるので結構莫大になる事も。
そう思うと、社会保険ってありがたい。 まぁ、だからといってフリーターを批判しているのではないけれど、 チョット考えそうですよ。

保険見直し相談

レジャー保険

レジャー保険というものをご存知でしょうか?
海外旅行をしたことがある人はなんとなくわかるかもしれませんが出国前に旅行期間中に入ることを勧められるあの保険もレジャー保険の一種です。

ゴルフ、釣り、アウトドア、海外旅行などなど、せっかくのレジャーに出かけたのにアクシデントに見舞われて大変な目に遭ってしまう。
そんな時の負担を軽減するために入る保険です。

特に海外旅行においては日本における常識が通用しなかったりするものです。
盗難や事故が思いがけず発生するもの。
そんな時に保険に加入しているのといないのとではその後の負担が大きく異なります。
また病気や手荷物のトラブルなど、こちらが予想していないようなことにも対応してくれるので安心です。

レジャー保険のメリットは他の損害保険に比べて料金が安いことです。
レジャーに出費はつきもの、それに加えて保険料もかかるとなると…と足踏みする人も多いと思いますが万一のことがあった場合の安心を買う、と思えばそう高い買い物ではないと思います。
保険生命保険 自動車保険を相談

保険料は収入の1割?

「保険料は収入の1割くらいにしなさい。」なんていわれた事はありませんか?
あなたのおばあちゃんやおじいちゃんからそう聞かされる人も少なくないようです。
それを信じて、本当に一割分の保険料を払っている人もいるようですね。
では、本当に保険料はそんなに払わなければいけないものなのでしょうか?

まず、この「保険料は収入の一割」といわれていた時代は、景気がとてもよかった時代です。
(おじいちゃんやおばあちゃんがいっている時代はバブル時代とかですよね。)
最近はどうですか?とても景気が悪いですよね。
それなのに、収入の1割が保険料なんて、とんでもありません。
月収が20万円だとして、1割持っていかれたら18万円になってしまいますよ。
それでは、厳しいという家庭も出てくると思います。
自分の収入に見合った保険料にしないと、後々に響いてきてしまいます。

もし、1割を保険料にできるのならば、1割の半分は貯金、半分を保険料にした方が賢いといえます。
保険相談について

保険について

これまで生きてきた中で「保険」について深く考えたことはありませんでした。
きっと、「保険」にお世話になる時に初めて考えるようになるのだと思います。
しかし、それでは「保険」は役立たずになってしまうのですね。

「保険」を辞書で調べてみました。
【災・死亡など偶然に発生する事故によって生じる経済的不安に備えて、多数の者が掛け金を出し合い、それを資金として事故に遭遇した者に一定金額を給付する制度。】とあります。
将来の万が一の時を見据えて考えておく必要があるものなのです。
いま必要ではなくても、将来の自分を守るために、今真剣に考えておくべき必要があるのだと思います。

私がこれまでに携わった「保険」と言えば、車に乗るための自動車保険くらいでしょうか。
事故を起こしてしまった時の、車や自分、同乗者、電柱やガードレール、相手の物などに対して支払いが生じた時に使用する保険です。
車に乗る人はみなさん自動車保険加入されていますよね。

「保険」と言っても、さまざまな種類があります。
先に記した車の保険もそうですし、生命保険、医療保険、通院保険などがあります。

健康な日々の中では、なかなか気にしにくい保険ですが、実際に病気になってしまい、手術、入院、長引く通院などが自分の身に降りかかってきたときに、やはり保険の必要性を嫌というほど感じることだと思います。
しかし、病気になった時に医療保険に加入することはできません。
一度病気になってしまったら、その病気に関する保険は加入することができないのです。
そのためにも、健康な今から備えておく必要があります。

最近では、さまざまな保険会社を比較でき、自分に合った保険を見分けてくれる窓口も多数できているようです。
何社からも資料請求をして見比べたところで、素人にはわからない部分が多々あります。
また、細かい規約があり、隅から隅まで目を通しておかなければ、いざという時に役に立たない、なんてこともあるようです。
そんなことを防ぐために、保険を選ぶ時はプロに助言をしてもらいたいものです。

ほんの小さなきっかけからでも、保険に興味を持ち、将来の自分のためにいまからしっかりと
考えて備えておきたいと思います。保険関連サイト

保険の解約が出来ない

皆さんは、保険でなにかトラブルに巻き込まれた事はありますか?
トラブルで多いのは解約がなかなか出来ないことが多いと言います。
なぜ、解約が出来ないのでしょうか?

解約が出来ないのは、担当者が必死な時が多いようです。
保険会社の社員は自分の売り上げ(契約数)でお給料が決まります。
なので、あまり売り上げが無い人は、辞めさせまいと必死になるのです。

辞めさせない為にこんな女性もいます。
辞める!と言ったお客に体を売って引き止めるのです。
これは、私の知人が実際にされたことなので私もびっくりしました。

ほかには、温厚そうだった担当者の人が、人が変わったように怒り狂ったり脅したりするケースも見られるようです。
例ですと、「ふざけるな」「何を言ったのか分かってるのか?」など小さなことから「解約したら家に火をつける」などといった脅迫のような事まで言う人もいるようです。

皆がそんな人ではないのですがこのような人がいる事も頭の片隅に置いておいたほうが良いのかもしれませんね。
トラブルに巻き込まれないようにしましょう。保険相談関連サイト

簡易保険に加入できない場合

簡易保険の、加入できないのはどんな時か知っていますか?

それは、鬱病で通院をしている時があげられます。
理由は、鬱病だと入院する可能性が高いからなのです。
なので抗鬱剤や睡眠薬を飲んでいると、簡易保険には加入できません。

鬱が治っても、そこから数ヶ月たたないと簡易保険に加入する事は出来ません。
また、鬱で通院しているのを隠して保険に加入する人も稀に見ますが、もし入院をしてしまった時にはバレてしまって告知義務違反になってしまいます。
なので、保険金を貰う事はできないし、保険自体も解約されてしまいます。

同じ通院でも、歯医者に通院する場合は簡易保険に入る事ができます。
何故だと思いますか?
それは、虫歯で入院する人が少ないからです。
虫歯で入院する人は1000人に1人いるかいないかだと言われています。
なので、保険会社もあまり気にしていないのです。

もし、あなたが保険に加入する時はきちんと自分の病気を治して
健康体になってからの方が無難だと思います。

保険会社にばれて払った保険料まで帰ってこなかったら、
損をしてしまいますからね。保険相談無料