保険の見直し

一昨年の春に定年を迎えた父。
まだまだ仕事は続けていくつもりだけれど、今までのような収入は期待できない。
さて今後の計画をどうしようか、と母と相談していた矢先に保険の更新の話が出てきました。

父の加入していたのは65歳を払い込み満了期とする更新型の終身保険。
今までと同内容の保障をつけていくと、保険料が倍近く値上がりしてしまうことになります。
収入が減る上に保険料が値上がりするのは家計に大きな負担になる、ということで母は仕方なく、保険の保障額を引き下げることにしたのですがなんと見積りをした結果、むしろ保障額の引き下げをした方が良いということに。

父が保険のプランを最後に変更したのは40代。
二人のこどもは高校生と中学生。まだまだこれからお金のかかる時期でした。
しかし今はこどもは二人とも成人、独立しています。
もうこの先、こどもに多額の費用を必要とするライフイベントはありません。

「もっと早く保険を見直せばよかった。保険屋さん、何も言ってくれないんだもの。」と母。
子どもが出来た、マイホームを購入した…など
わかりやすい機会のほかにも、保険を見直す機会はたくさんある。
そのタイミングは、やっぱり自分でしっかり管理しなくてはいけないですね。
生命保険の見直しなら生命保険相談無料サービスというのもありますよ。
また保険相談で商品券が貰えるところもあります。保険相談のついでに商品券がもらえる
みつばち保険ファームは来店型保険相談。お近くの店舗で気軽に保険相談を受けられます。

治りにくい病気でも入れる保険

友人夫婦が、治りにくい病気に感染してしまい、その時保険に加入していなくてとても慌てていました。
病気にかかっていても、将来のために保険に入りたいという人が多いと思います。
だけれど、病気にかかってしまうとどうしても入れる保険が少なくなってしまいますよね。
そんな時、どうすれば良いのかをお話していきたいと思います。

まず、治りにくい病気にかかってしまうと保険に入る事がとても難しくなってしまいます。
頭では分かっていても、「何とかなるんじゃないかな・・・」と考えている人も多いようです。
ですが現実はとても厳しくてそうやすやすとは入らせてくれないのが現状ですよね。
そんな時にまず探してほしいのは、告知内容が少ない保険会社です。
そんなところがあるの?という声が聞こえてきそうですが、告知内容が少ないところは意外にあるんです。
中には、告知が全くない保険会社まであるほどです。(全く無いものは少ないですが・・・)

その保険会社によって、告知内容も違うし保険会社を取り扱っている代理店にまずは電話をしてみて下さい。
複数の保険会社を扱っている代理店で探した方が見つかりやすいですよ。
保険相談を検討する